令和2年度 学生表彰

本研究室の原くん,廣澤くん,永井くん,谷津くんが極めて優秀な研究活動を評価され,本学の学生表彰式において表彰されました.

Our members, Takanori, Naoya, Jun and Ryota were awarded for their outstanding academic performance.

ACCEPTED FOR PUBLICATION IN THE IEEE Open Journal of the Communications Society

本研究室の飯盛くんの論文「Robust Symbol Detection in Large-Scale Overloaded NOMA Systems」がIEEE IEEE Open Journal of the Communications Societyに採録されました。

Hiroki’s paper entitled “Robust Symbol Detection in Large-Scale Overloaded NOMA Systems” has been accepted for publication in the IEEE Open Journal of the Communications Society.

【ニュースリリース】多数同時接続と超低遅延を実現する新たな通信技術

石橋(功)研究室では,石橋功至・原郁紀の連名で5G高度化・次世代の6Gに向けた多数同時接続・低遅延を実現する新たな通信技術について、特許出願し、プレスリリースを行いました。

今回の特許は5GNRの物理層上で、理論最大で30万台の端末のうち、任意の3万台を同時接続することができ、各端末が1ミリ秒以内に各125バイト程度の情報を同時に送ることができるというものです。これは30万台の端末が10ミリ秒ごとに1ミリ秒の遅延で情報を伝送したいと読み替えることもでき、これまでにない新しいアプリケーションを可能にします。

大学ホームページ

日刊工業新聞に掲載されました

ACCEPTED FOR PUBLICATION IN THE IEEE WIRELESS COMMUNICATION LETTERS

本研究室の原くんの論文「Hyperparameter-Free Receiver for Grant-Free NOMA Systems with MIMO-OFDM」がIEEE Wireless Commun. Lett. (IF 4.66)に採録されました。

Takanori’s paper entitled “Hyperparameter-Free Receiver for Grant-Free NOMA Systems with MIMO-OFDM” has been accepted for publication in the IEEE Wireless Commun. Lett. (IF 4.66).

Accepted for Publication in the IEEE Access

本研究室の廣澤くんの論文「Minimizing Age of Information in Energy Harvesting Wireless Sensor Networks」がIEEE Access (IF 3.745)に採録されました。

Naoya’s paper entitled “Minimizing Age of Information in Energy Harvesting Wireless Sensor Networks” has been accepted for publication in the IEEE Access (IF 3.745).

Presented at Asilomar SS & C

本研究室の飯盛くんがオンラインで開催されたAsilomar conferenceにて発表を行いました。
発表題目は「Discrete-Aware Matrix Completion via Proximal Gradient」でした。

Our member, Hiroki gave a presentation at the 54th Asilomar Conf. Signals, Syst., and Comput. held online.
The title of the presentation was “Discrete-Aware Matrix Completion via Proximal Gradient”.

Presented at IEICE Society Conference @ Online

本研究室の原くん、岡部くんがオンラインで開催されたソサイエティ大会にて発表を行いました。
発表題目:OFDMに基づいたグラントフリー非直交多元接続のためのハイパーパラメータフリー受信機
発表題目:ミリ波通信システムのための通信路遮蔽予測に基づいた低演算量ロバスト多地点協調伝送

Our members, Takanori, and Ryo, gave a presentation at IEICE Society conference held online.
The title given by Takanori was titled “Hyperparameter-Free Receiver for OFDM-based Grant-Free Non-Orthogonal Multiple Access”.
The title given by Ryo was titled “Low-Complexity Robust Coordinated Multi-Point Based on Blockage Prediction for Millimeter-Wave Systems”. 

Young Researcher Paper Award

本研究室の原くんが情報理論とその応用シンポジウム若手研究者論文賞(Symposium on Information Theory and its Applications Young Researcher Paper Award)を受賞しました.[詳細]

Our member, Takanori Hara received the Symposium on Information Theory and its Applications Young Researcher Paper Award. [more]

Presented at IEICE RCS @ Online

本研究室の岡部くんがオンラインで開催されたIEICE RCS研究会にて発表を行いました。
発表題目は「確率的遮蔽を伴うミリ波通信のためのロバストビームフォーミング設計に関する一検討」でした。[詳細]

Our member, Ryo Okabe, gave a presentation at IEICE RCS conference held online.
The title of the presentation was “A Study on Robust Beamforming Design for Millimeter-Wave Communications with Stochastic Blockages”. [more]