Publications

Journal Papers 


  1. M. Takai and K Ishibashi, “Repeat-Accumulate Signal Codes,” submitted to IEEE Commun. [available here]
  2. S. Ogata, K. Ishibashi, and G. Abreu, “Optimized Frameless ALOHA for Cooperative Base Stations with Overlapped Coverage Areas,” submitted to IEEE Trans. Wireless Commun. (major revision) [available here]
  3. V. V. Mai, W.-Y. Shin, and K. Ishibashi, “Wireless Power Transfer for Distributed Estimation in Sensor Networks,” IEEE J. Select. Topics Sig. Process – Special Issue on Cooperative Signal Processing for Heterogeneous and Multi-Task Wireless Sensor Networks, vol. 11, no. 3, pp. 1-14, Apr. 2017 [available here]
  4. H. Kawabata, K. Ishibashi, S. Vuppala, and G. Abreu, “Robust Relay Selection for Large-Scale Energy Harvesting IoT Networks ,” IEEE Internet of Things Journal,  vol. 4, no. 2, pp. 384-392, Apr. 2017. DOI: 10.1109/JIOT.2016.2586581 [available here]
  5. H. Lin, K. Ishibashi, W.-Y. Shin, and T. Fujii, “A Simple Random Access Scheme with Multilevel Power Allocation,” IEEE Commun. Lett., vol. 19, no. 12, pp. 2118-2121, Dec. 2015 [available here]
  6. K. Ishibashi, C. K. Ho, and I. Krikidis, “Diversity-Multiplexing Tradeoff of Dynamic Harvest-and-Foward Cooperation,” IEEE Wireless Commun. Lett., vol. 4, no. 6, pp. 633-636, Dec. 2015 [available here]
  7. J. Dai, K. Ishibashi, and Y. Yamao, “Highly Efficient Multi-Hop Packet Transmission Using Intra-Flow Interference Cancellation and Maximal-Ratio Combining,” IEEE Trans. Wireless Commun., vol. 14, no. 11, pp. 5998-6011, Nov. 2015 [available here]
  8. H. Lin, K. Ishibashi, W.-Y. Shin, and T. Fujii, “Decentralized Multilevel Power Allocation for Random Access,” IEICE Trans. Commun. (Special Issue on 5G Radio Access Networks – Part II: Multi-RAT Heterogeneous Networks and Smart Radio Technologies), vol. E98-B, no. 10, pp. 1978-1987, (2015.10)
  9. K. Ishibashi and S. Sugiura, “Effects of Antenna Switching on Band-Limited Spatial Modulation,” IEEE Wireless Commun. Lett., vol. 3, no. 4, pp. 345-348, (2014.8) [available here]
  10. Y. Ma, Y. Yamao, Y. Akaiwa, and K. Ishibashi, “Wideband Digital Predistortion Using Spectral Extrapolation of Band-Limited Feedback Signal,” IEEE Trans. on Circuits and Systems-I: Regular Papers, Vol. 61, no.7, pp. 2088-2097, (2014.7)
  11. Y. Ma, Y. Yamao, K. Ishibashi, and Y. Akaiwa, “Adaptive Compensation of Inter-Band Modulation Distortion for Tunable Concurrent Dual-Band Receivers,” IEEE Trans. on Microwave Theory and Techniques, vol.61, no.12, pp.4209-4219, (2013.12)
  12. K. Ishii and K. Ishibashi, “Nested Transmit Diversity Based on A Joint Network-Channel Coding,” IEICE Trans. Commun., vol.E96-B, no.9, pp.2261-2269, (2013.9)
  13. K. Ishibashi, W.-Y. Shin, H. Ochiai, V. Tarokh, “A Peak Power Efficient Cooperative Diversity using Star-QAM with Coherent/Noncoherent Detection,” IEEE Trans. Wireless Commun., vol.12, no.5, pp.2137-2147, (2013.5)
  14. W.-Y. Shin and K. Ishibashi, “Hierarchical Cooperation in Ultra-Wide Band Ad Hoc Networks,” IEICE Trans. Commun., vol.E96-B, no. 3, pp. 887-890, (2013.3)
  15. W.-Y. Shin and K. Ishibashi, “Effect of Multiple Antennas on the Transport Capacity in Large-scale Ad Hoc Networks,” IEICE Trans. Commun., vol.E95-B, no. 10, pp. 3113-3119 (2012.10)
  16. W.-Y. Shin and K. Ishibashi, “Throughput Scaling of Ultra-Wide Band Ad Hoc Networks with Infrastructure,” IEICE Trans. Commun., vol. E95-B, no. 9, pp. 2918-2921 (2012.9)
  17. K. Mukumoto, S. Nagata, T. Wada, and K. Ishibashi, “Proposal of Go-Back-i-symbol ARQ Scheme and Its Performance Evaluation in Meteor Burst Communications,” IEEE Trans. Commun., vol.60, no.8, pp.2336-2343 (2012.8)
  18. K. Ishibashi and H. Ochiai “Analysis of Instantaneous Power Distributions for Non-Regenerative and Regenerative Relaying Signals,” IEEE Trans. on Wireless Commun., vol.11, no. 1, pp. 258-265, (2012.1)
  19. K. Ishii, K. Ishibashi, and H. Ochiai, “Multilevel Coded Cooperation for Multiple Sources,” IEEE Trans. on Wireless Commun., vol.10 no. 12,pp. 4258-4269, (2011.12)
  20. W.-Y. Shin and K. Ishibashi, “Regional Diversity-Multiplexing Tradeoff,” IEICE Trans. Commun., vol.E94-B, no.10, pp. 2868-2871, (2011.10)
  21. K. Ishibashi, K. Ishii, and H. Ochiai, “Dynamic Coded Cooperation using Multiple Turbo Codes in Wireless Relay Networks,” IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing, vol. 5, no. 1, 197-207, (2011.2)
  22. K. Sodeyama, K. Ishibashi, and R. Kohno, “An Analysis of Interference Mitigation Capability of Low Duty-Cycle UWB Transmission in The Presence of Wideband OFDM System,” Wireless Personal Communications, Vol. 54, issue 1, (2010.7)
  23. K. Ishibashi, K. Ishii, and H. Ochiai, “Bit-interleaved Coded DPSK with Cyclic Delay Diversity: Design and Analysis,” IEEE Trans. on Wireless Commun., vol.8, issue 9, pp. 4762-4772, (2009.9)
  24. 石橋功至, 渡辺幸太朗, 石井光治, “ダイナミックスペクトルアクセスネットワークにおける隠れ端末問題と通信接続性の解析”, 電子情報通信学会論文誌 B, Vol.J92-B, No.11, 1778-1787, (2009.11)
  25. K. Ishibashi, H. Ochiai, and R. Kohno, “Embedded forward error control technique (EFECT) for low-rate but low latency communications,” IEEE Trans. on Wireless Communications, vol. 7, no. 5, pp. 1456-1460, (2008.5)
  26. K. Ishii, and K. Ishibashi, “Dirty Paper Coded Cooperation Utilizing Superposition Modulation,” IEICE Trans. Commun., Vol.E91-B, No.5, pp. 1540-1547, (2008.5)
  27. K. Ishibashi, H. Ochiai, and R. Kohno, “Low complexity bit-interleaved coded DAPSK for Rayleigh fading channels,” IEEE Journal of Selected Areas in Communications, Special Issue on Differential and Noncoherent Wireless Communications, vol. 23, no. 9, pp. 1728-1738, (2005.9)

International Conference


  1. M. Takai and K. Ishibashi, “Repeat-Accumulate Signal Codes: Optimum Filter Design via Density Evolution,” submitted to IEEE ICC 2018, Kansas City, MO, (2018.5)
  2. Y. Goto and K. Ishibashi, “Practical Green Information Delivery Protocol for Sensor-to-Vehicle Communications,” to be appeared in IEEE CCNC, Las Vegas, NV (2018.1)
  3. R. Tanabe, T. Kawaguchi, and K. Ishibashi, “Energy-Aware Receiver-Driven Medium Access Control Protocol for Wireless Energy-Harvesting Sensor Networks,” to be appeared in IEEE CCNC, Las Vegas, NV (2018.1)
  4. T. Kawaguchi, R. Tanabe, and K. Ishibashi, “Implementation of Condition-Aware Receiver-Initiated MAC Protocol to Realize Energy-Harvesting Wireless Sensor Networks,” to be appeared in IEEE CCNC, Las Vegas, NV (2018.1)
  5. A. D. Shigyo and K. Ishibashi, “QR-Decomposed Generalized Belief Propagation with Smart Message Reduction for Low-Complexity MIMO Signal Detection,” to be appeared in APSIPA ASP 2017, Kuala Lumpur, Singapore (2017.12)
  6. S. Ogata and K. Ishibashi, “Received-Power-Aware Design of Transmission Probability for Frameless ALOHA,” to be appeared in Proc. SmartCom 2017 (IEICE Tech. Rep.), vol. 117, no. 257, SR2017-93, pp. 73-74, Rome, Italy (2017. 10) [Best Student Paper Award]
  7. T. Kawaguchi, R. Tanabe, and K. Ishibashi, “Experimental Evaluation of Condition-Aware Receiver-Initiated MAC
    Protocol for Energy-Harvesting Wireless Sensor Networks,” to be appeared in Proc. SmartCom 2017 (IEICE Tech. Rep.), vol. 117, no. 257, SR2017-92, pp. 71-72, Rome, Italy (2017. 10)
  8. S. Ogata, K. Ishibashi, and G. Abreu, “Multi-Access Diversity Gain via Multiple Base Station Cooperation in Frameless ALOHA,” in Proc. IEEE SPAWC 2017, pp. 103-107, Sapporo, Japan (2017.7)
  9. R. Tanaka and K. Ishibashi, “Robust Coded Cooperation Based on Multi-Dimensional Spatially Coupled Repeat-Accumulate Codes,” in Proc. IEEE WCNC 2017, San Francisco, CA (2017.3)
  10. Y. Goto, S. Ogata, and K. Ishibashi, “Energy-Efficient Random Sleep Protocol based on Distributed Coding for Sensor-to-Vehicle Communications,” in Proc. 50th Asilomar Conference on Signals, Systems, and Computers, pp. 724-728, Pacific Grove, CA (2016.11)
  11. A. D. Shigyo, S. Tanabe, and K. Ishibashi,”QR-Decomposed Generalized Belief Propagation for MIMO Detection,” in Proc. 2016 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA), pp. 468-472, Monterey, CA (2016. 10-11)
  12. S. Tanabe, A. D. Shigyo, and K. Ishibashi,”Not-So-Large MIMO Signal Detection Based on Damped QR-Decomposed Belief Propagation,” in Proc. 2016 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA), pp. 463-467, Monterey, CA, (2016. 10-11)
  13. H. Lin, K. Ishibashi, W.-Y. Shin, T. Fujii, “Decentralized Power Allocation for Secondary Random Access in Cognitive Radio Networks with Successive Interference Cancellation,” in Proc.  IEEE ICC 2016, pp. 1-6, Kuala Lumpur, Malaysia (2016.5)
  14. S. Tanabe and K. Ishibashi, “QR-Decomposed Subgraph Belief Propagation for Large MIMO Systems,” in Proc. SmartCom 2016 (IEICE Tech. Rep.), vol. 116, no. 29, SR2016-20, pp. 71-72, Oulu, Finland, (2016.5)
  15. K. Hirose, K. Ishibashi, Y. Yamao, Y. Hirayama and M. Sawada, “Low-power V2M communication system with fast network association capability,” 2015 IEEE 2nd World Forum on Internet of Things (WF-IoT), Milan, 2015, pp. 204-209. (2015.12)
  16. S. Ogata and K. Ishibashi, “Frameless ALOHA with Multiple Base Stations ,” in Proc. of 49th Asilomar Conference on Signals, Systems, and Computers, pp. 47-51, Pacific Grove, CA (2015.11)
  17. N. Takeishi and K. Ishibashi, “Spatially Coupled Repeat-Accumulate Coded Cooperation,” in Proc. of IEEE WCNC2015, pp. 528-533, New Orleans, LA (2015,3) [available here]
  18. K. Ishibashi, “Relays without Batteries: A New Paradigm of Cooperative Diversity”, in Proc. of SmartCom2014, vol. 114, no. 284, SR2014-77, pp. 103-108, The Institute for Infocomm Research (I2R), Singapore (2014.10) [Invited Talk]
  19. K. Ishibashi, “Dynamic Harvest-and-Forward: New Cooperative Diversity with RF Energy Harvesting,” in Proc. of WCSP’14, pp. 1-5, Hefei, China (2014.10) [Invited Talk] [available here]
  20. H. Lin, K. Ishibashi, and T. Fujii, “Serially-Concatenated Layered Network Coded Cooperation for Wireless Sensor Networks,” in Proc. of WPMC’2014, pp.103-108, Sydney, Australia (2014.9)
  21. H. Kawabata and K. Ishibashi, “RF Energy Powered Feedback-Aided Cooperation,” in Proc. of IEEE PIMRC’14, pp.469 – 473, Washington D.C., USA, (2014.9) [available here]
  22. H. Lin, K. Ishibashi, and T. Fujii, “Distributed Layering Rateless Code with Adaptive Power Control,” in Proc. of IEEE VTS APWCS 2014, Ping Tung, Taiwan (2014.8)
  23. K. Ishibashi and G. Abreu, “Analysis of RF Energy Harvesting in Large-Scale Networks Using Absorption Function” in Proc. of ICASSP 2014, pp.7004-7008, Florence, Italy, (2014.5)
  24. Y. Ohue, M. Kitamura, K. Inage, K. Ishibashi, and T. Fujii, “Weighted Cooperative Sensing based on Spectrum Database for Cognitive Vehicular Networks,” in Proc. of Wireless Innovation Forum SDR-WInnComm 2014, Illinois, USA, (2014.3)
  25. M. Takai, K. Ishibashi, and T. Wada, “Semi-Blind Interference Alignment over Correlated Wireless Channels,” Proc. of IEEE Radio and Wireless Symposium, pp.121-123, Newport Beach, CA (2014.1)
  26. Y. Matsuzawa, Y. Yamao, K. Otake, and K. Ishibashi, “Multi-Hop Transmission Performance of Integrated Dynamic Multi-Hopping for Wireless Ad Hoc Networks,” in Proc. of IEEE CCNC2014, pp.635-640, Nevada, USA (2014.1)
  27. N. Takeishi, K. Ishibashi, and Y. Yamao, “Superimposed adaptive network coded cooperation for wireless sensor networks,” Personal Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC), 2013 IEEE 24th International Symposium on, pp.1180-1184, 8-11, London, UK, (2013.9)
  28. M. Takai, K. Ishibashi, W.-Y. Shin, H. S. Yi, and T. Wada, “Semi-Blind Interference Alignment Based on OFDM over Frequency Selective X Channels”, IEEE International Conference on Communications (ICC) 2013, pp.5236-5241, Budapest, Hungary, (2013.6) [テレコムシステム技術学生賞]
  29. K. Ishibashi, H. Ochiai, V. Tarokh, “Energy Harvesting Cooperative Communications: Concept and Performance,” Proc. of TriSAI 2012, Tokyo, Japan, (2012. 9)
  30. M. Takai, K. Ishibashi, W.-Y. Shin, H. S. Yi, and T. Wada, “Practical Semi-Blind Interference Alignment Exploiting Frequency Selectivity of Fading Channels,” Proc. of TriSAI 2012, Tokyo, Japan, (2012. 9)
  31. W.-Y. Shin, K. Ishibashi, and B. C. Jung, “Large-Scale Ultra-Wide Band Ad Hoc Networks,” Proc. of TriSAI 2012, Tokyo, Japan, (2012. 9)
  32. K. Ishibashi, H. Ochiai, and V. Tarokh, “Energy Harvesting Cooperative Communications,” IEEE 23rd International Symposium on Personal Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC), pp. 1819-1823, Sydney, Australia, (2012. 9)
  33. K. Ishibashi, W.-Y. Shin, H. S. Yi, and H. Ochiai, “A Peak Power Efficient Cooperative Diversity Using Star-QAM,” in Proc. of IEEE BWA Workshop with IEEE GLOBECOM 2011, Houston, TX, (2011.12)
  34. S. Kim, W.-Y. Shin, and K. Ishibashi, “The Gaussian Two-Way Relay Channel with Wire tapper,” in Proc. of Asilomar Conf. on Signals, Systems, and Computers, pp.1987-1991, Pacific Grove, CA, (2011.11)
  35. K. Ishibashi and H. Ochiai, “Performance Analysis of Amplify and Forward Cooperation over Peak-Power Limited Channels,” in Proc. of IEEE ICC 2011, pp.1-5,  Kyoto, (2011.6)
  36. T. Kobayashi, K. Ishibashi, and T. Wada, “A Study on Outage Probability of Collaborative Multi-Hop Transmission with Non-Uniform Distributed Networks,” in Proc. of PIMRC 2011, pp.980-984, Tronto, (2011.9)
  37. K. Ishii, K. Ishibashi, and H. Ochiai, “Multiple-Access Relay System based on Nested Distributed Turbo Code,“ in Proc. of IEEE RWS 2011, pp.38-41, Phoenix, AZ, (2011.1)
  38. C. Cheng, K. Ishibashi, and T. Wada, “Power-Efficient Network Coded Cooperation using Non-binarily Modulated Relay,” in Proc. of IEEE RWS 2011, pp.34-37, Phoenix, AZ, (2011.1)
  39. K. Ishibashi, K. Ishii, and H. Ochiai, “Dynamic Turbo Coded Cooperation based on Simple Power Detector,” in Proc. of IEEE ICC 2010, pp.1-6, South Africa, (2010.5)
  40. S. Nagata, K. Mukumoto, T. Wada, and K. Ishibashi, “Performance Evaluation of Go-Back-i-symbol ARQ Scheme applicable to Meteor Burst Communications,” in Proc of ISITA 2010, Taichung, Taiwan, (2010.10)
  41. K. Ishii, K. Ishibashi, and H. Ochiai “A Novel Cooperative Diversity Based on Multilevel Coded Modulation,” in Proc. of IEEE ICC 2009, Dresden, Germany, (2009.6)
  42. K. Ishibashi, K. Ishii, and H. Ochiai, “Design of Adaptive Cooperation using Rate Compatible Turbo Codes,” in Proc. of IEEE VTC 2009 Fall, Anchorage, Alaska, (2009.9)
  43. T. Hashimoto, T. Wakiyama, K. Ishibashi, and T. Wada, “A Proposal of New Hybrid ARQ Scheme using Rate Compatible LDPC Codes for Multi-hop Transmissions,” in Proc. of IEEE VTC 2009 Fall, Anchorage Alaska, (2009.9)
  44. T. Hashimoto, K. Ishibashi, and T. Wada, “A Proposal of New Hybrid ARQ Scheme suitable for Multi-hop Transmissions using LDPC Codes,” in Proc. of IEEE GLOBECOM 2009, Honolulu, Hawai, (2009.11)
  45. K. Ishibashi, K. Ishii, and H. Ochiai “Diversity Order Analysis of Bit-Interleaved Coded DPSK with Cyclic Delay Diversity,” in Proc. of IEEE GLOBECOM 2008, New Orleans, LA, USA, (2008.11)
  46. K. Ishibashi, K. Ishii, and H. Ochiai “Collaborative Diversity Enhancements using Rate-Compatible Turbo Codes,” in Proc. of 2008 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2008), Auckland, New Zealand, (2008.12)
  47. T. Wada, T. Wakiyama, T. Hashimoto, and K. Ishibashi, “A Throughput Performance Analysis of Hybrid ARQ Scheme for Wireless Multihop Networks using LDPC Codes,” The International Conference on Information Networking (ICOIN2009), Chiang Mai, Thailand, (2009.1)
  48. K. Ishii, K. Ishibashi, and H. Ochiai “Multilevel Coded Cooperation: Concepts and Design Criteria,” in Proc. of 2008 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2008), Auckland, New Zealand, (2008.12)
  49. Y. Nakao, K. Ishibashi, and R. Kohno, “Collaborative Communication using Bit-Interleaved Coded DPSK with Cyclic Delay Diversity,” in Proc. of 2008 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2008), Auckland, New Zealand, (2008.12)
  50. Y. Haruta, K. Ishibashi, and T. Wada, “Information Interflow Network (I2N) using LDPC Codes,” in Proc. of 2008 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2008), Auckland, New Zealand, (2008.12)
  51. K. Sodeyama, K. Watanabe, K. Ishibashi, and R. Kohno, “Performance Analysis of Spectrum Management Technique by Using Cognitive Radio,” European Wireless Technology Conference 2008 (EuWiT2008), Amsterdam, (2008.10) [Invited Talk]
  52. K. Ishibashi, H. Ochiai, and R. Kohno, “Low Complexity Bit-interleaved Coded DAPSK with Cyclic Delay Diversity,” in Proc. of IEEE 8th IEEE Annual International Symposium on Personal Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC 2007) , Athens, Greece, (2007.9)
  53. K. Ishibashi, H. Ochiai, and R. Kohno, “Embedded Forward Error Control Technique (EFECT) for Low-Rate Real-Time Communications,” in Proc. of IEEE Globecom 2007, Washington DC, USA, (2007.11)
  54. K. Ishii and K. Ishibashi, “EXIT chart Analysis for Cooperative Diversity with Iterative Processing,” The 10th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC’07), Jaipur, India, (2007.12)
  55. K. Sodeyama, K. Ishibashi, and R. Kohno, “An Analysis of Interference Mitigation Capability of Low Duty-Cycle UWB Transmission in The Presence of Wideband OFDM Systems,” The 10th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC’07),Jaipur, India, (2007.12)
  56. K. Sodeyama, K. Ishibashi, and R. Kohno, “On The Performance of Wideband OFDM System in the Presence of Interference from UWB Systems with Low Duty Cycle Protocol,” 2007 Software Defined Radio Technical Conference and Product Exposition (SDR’07), Denver, Colorado, USA, (2007.11)
  57. K. Watanabe, K. Ishibashi, and R. Kohno, “Performance of Cognitive Radio Technologies in The Presence of Fixed and Radio Systems,” in Proc. of IEEE 8th IEEE Annual International Symposium on Personal Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC 2007), Athens, Greece, (2007.9)
  58. S. Fukushi, K. Ishibashi, and R. Kohno, “Tomlinson-Harashima Precoded MIMO System with Differential Detection,” in Proc. of IEEE 8th IEEE Annual International Symposium on Personal Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC 2007), Athens, Greece, (2007.9)
  59. K. Watanabe, K. Ishibashi, and Ryuji Kohno, “An Analysis of Spectrum Management for Coexistence of Fixed and Cognitive Radio Systems,” 2006 Software Defined Radio Technical Conference and Product Exposition (SDR’06), Florida, USA, 3.2.-02, (2006.11)
  60. M. Sikora, K. Ishibashi, D. J. Costello, Jr, and R. Kohno, “Serially Concatenated Doubly Differential PSK for Improved Noncoherent Iterative Detection,” in Proc. of Hawaii, IEICE and SITA Joint Conference on Information Theory (HISC’06), Nara, Japan, (2006.6)
  61. H. Tatsunami, K. Ishibashi, and H. Ochiai, “On the Performance of LDPC Codes with Differential Detection over Rayleigh Fading Channels,” in Proc. of IEEE 63rd Vehicular Technology Conference (VTC’06 Spring) , Melbourne, Australia, (2006.5)
  62. K. Ishibashi, H. Ochiai, and R. Kohno, “On the performance of bit-interleaved coded DAPSK over Rayleigh fading channels,” in Proceedings of 2004 IEEE International Conference on Communications (ICC 2004), pp. 732-736, Paris, France, (2004.6)

Workshops and Technical Reports


  1. J.-E. Kim, A. Malik, Y. Goto, S. Ogata, K. Ishibashi, and W.-Y. Shin, “Hybrid random sleep protocol based on distributed coding,”  in Proceedings of the Korean Institute of Communications and Information Sciences (KICS) Winter Conference, JeongSeon, Korea, (2018.1)
  2. M. D. Nguyen, C. Tran, T. Kawaguchi, R. Tanabe, M. Oinaga, R. Takahashi, K. Ishibashi, and W.-Y. Shin, “Energy-aware receiver-driven medium access control protocol for wireless energy-harvesting sensor networks with multiple gateways,”  in Proceedings of the Korean Institute of Communications and Information Sciences (KICS) Winter Conference, JeongSeon, Korea, (2018.1)
  3. 後藤勇輝, 石橋功至, “実環境を想定した路車間通信における省電力分散符号化ランダムスリープ方式の検討,” 情報理論とその応用シンポジウム2017, pp. 571 – 575, 新発田市, (2017.11-12)
  4. 田邉稜, 川口達広, 石橋功至, “エネルギーの流入出量に基づく分散間欠間隔制御付き受信機駆動型MACプロトコル”, 情報理論とその応用シンポジウム2017, pp. 559 – 564, 新発田市, (2017.11-12)
  5. 尾形駿, 石橋功至, “フレームレスALOHAのための距離を考慮した送信確率設計,” 情報理論とその応用シンポジウム2017, pp. 277 – 282, 新発田市, (2017.11-12)
  6. 川口達広, 田邉 稜, 石橋功至, “エナジーハーベスティングセンサーネットワークの実現に向けた受信機駆動型MACプロトコルの実装と実験的評価,” 信学技報, vol. 117, no. 132, RCS2017-109, pp. 97-102, (2017.7)
  7. 尾形駿, 石橋功至, アブレウ ジュゼッペ”複数ベースステーション協調を用いたフレームレスALOHAにおけるパケット損失確率の一般化解析について,”信学技報, vol. 117, no. 11, RCS2017-17, pp. 83-88, (2017.4)
  8. 田邉 稜, 石橋功至, 川田拓也, 相澤礼奈, “無線共存ネットワークのための再送付き受信機駆動型MACプロトコルの性能解析,”信学技報, vol. 117, no. 11, RCS2017-16, pp. 77-82, (2017.4)
  9. 後藤勇輝, 石橋功至, “パケット共有を考慮した路車間通信のための省電力分散ランダムスリープ方式,”信学技報, vol. 117, no. 11, RCS2017-18, pp. 89-94, (2017.4)
  10. 石橋功至, “一般化確率伝播法の導入とその信号検出への応用,” 電子情報通信学会総合大会,  BT-1-3, 名城大学, 名古屋市, (2017.3)[チュートリアル講演]
  11. 大比良和哉, 石橋功至, “自動走行システムのためのIEEE802.11pと後方互換性を有した階層型変調に関する一検討,” 電子情報通信学会総合大会,  B-5-135, 名城大学,  名古屋市, (2017.3)
  12. 田邉将吾, 石橋功至, “符号化MIMOシステムへのQR-PM-BP法の適用とターボ原理に基づく繰り返し検出に関する一検討,” 電子情報通信学会総合大会,  B-5-139, 名城大学,  名古屋市, (2017.3)
  13. 田邉稜, 石橋功至, “他システム干渉環境における受信機駆動型MACプロトコルの通信失敗確率の解析,” 電子情報通信学会総合大会,  B-5-130, 名城大学, 名古屋市, (2017.3)
  14. 原郁紀, 石橋功至, “Construction Aに基づく非二元Repeat-Accumulate符号を用いた格子の構成に関する一検討,” 電子情報通信学会総合大会,  A-2-12, 名城大学,  名古屋市, (2017.3)
  15. 尾形駿, 石橋功至, “フレームレスALOHAにおける効率的なパケット復調法に関する一検討,” 信学技報, vol. 116, no. 396, RCS2016-264, pp. 165-170, (2017.1)
  16. 執行デイビッド彬秀, 田邉将吾, 石橋功至, “統計的一般化確率伝播法を用いた低演算量MIMO復調法に関する一検討 ,” 信学技報, vol. 116, no. 396, RCS2016-265, pp. 171-176, (2017.1)
  17. 石橋功至, “確率的電源を用いた通信の理論と実際” ワークショップ「符号理論と通信理論の架け橋」, 情報理論とその応用シンポジウム2016, 高山市 (2016.12) [依頼講演]
  18. 田邉稜, 石橋功至, 川田拓也, 土屋創太, 相澤礼奈, “受信機駆動型 MAC プロトコルを用いた無線センサネットワークの設計と解析,” 情報理論とその応用シンポジウム2016, pp. 136 – 141, 高山市 (2016.12)
  19. 尾形駿, 石橋功至, “符号化フレームレス ALOHA における ターゲット次数及び符号次数分布の同時最適化,” 情報理論とその応用シンポジウム2016, pp. 544 – 549, 高山市 (2016.12)
  20. 田邉将吾, 執行デイビッド彬秀, 石橋功至, “低計算量MIMO信号検出のための確率的ノード選択を用いた確率伝播法,” 情報理論とその応用シンポジウム2016, pp. 19 – 24, 高山市 (2016.12)
  21. 高井真人, 石橋功至, “短符号長で高信頼性を有する Repeat-Accumulate 信号符号,” 情報理論とその応用シンポジウム2016, pp. 372 – 377, 高山市 (2016.12)
  22. 田邉稜, 石橋功至, “エネルギー到来情報に基づく分散間欠間隔制御付き受信機駆動型MACプロトコルに関する一検討,” 信学技報, vol. 116, no. 308, ASN2016-46, pp. 7-12, 名古屋大学, (2016.11)
  23. 田邉将吾, 執行デイビッド彬秀, 石橋功至, “QR分解付き確率伝播法を用いた中規模MIMO信号検出における計算量削減法,” 電子情報通信学会2016ソサイエティ大会, B-5-118, 北海道大学, (2016.9)
  24. 執行デイビッド彬秀, 田邉将吾, 石橋功至, “16QAM信号に対する QR分解付きガウス確率伝播法に基づく中規模 MIMO 信号検出に関する一検討 ,” 電子情報通信学会2016ソサイエティ大会, B-5-119, 北海道大学, (2016.9)
  25. 田中亮輔, 石橋功至, “レイリーフェーディング環境下における多次元空間結合Repeat-Accumulate符号化協調のパケット誤り率特性評価, ” 電子情報通信学会2016ソサイエティ大会, B-5-95, 北海道大学, (2016.9)
  26. 田邉稜, 石橋功至, “エナジーハーベスティングセンサネットワークのための受信駆動型MACプロトコルの動的間欠間隔制御に関する一検討, ” 電子情報通信学会2016ソサイエティ大会, B-18-54, 北海道大学, (2016.9)
  27. V. V. Mai, W.-Y. Shin, and K. Ishibashi, “Wireless power transfer for distributed estimation in sensor networks,” in Proc. Korea Inf. Commun. Society (KICS) Summer Conf., Jeju Island, Korea, pp. 149-150 (2016.6) [Best Paper Award].
  28. H. Lin, K. Ishibashi, W.-Y. Shin, and T. Fujii, “Non-orthogonal secondary random access in cognitive radio networks,” in Proc. Korea Inf. Commun. Society (KICS) Summer Conf., Jeju Island, Korea, pp. 196-197 (2016.6).
  29. 後藤勇輝, 尾形駿, 石橋功至, 平山泰弘, 中田恒夫, “路車間通信のための省電力分散符号化ランダムスリープ方式,” 信学技報, vol. 116, no. 110, RCS2016-75, pp. 167-172, , 琉球大学, (2016.6)  [無線通信システム研究会「初めての研究会」最優秀発表賞]
  30. 尾形駿, 石橋功至, “符号化フレームレスALOHAの次数分布最適化,” 信学技報, vol. 116, no. 110, RCS2016-89, pp. 251-256, 琉球大学, (2016.6)
  31. 尾形駿, 石橋功至, “大規模ランダム多元接続のための符号化フレームレスALOHAのパケット損失確率について,” 信学技報, vol. 116, no. 11, RCS2016-22, pp. 123-128, 弘前市, (2016.4)
  32. 田邉将吾, 石橋功至, ” 大規模MIMOのためのSorted QR分解を用いた低計算量確率伝播復調法に関する一検討 ” 信学技報, vol. 116, no. 11, RCS2016-15, pp. 83-88, 弘前市, (2016. 4)
  33. 尾形駿, 石橋功至, “車車間協調フレームレスALOHAに基づく路車間通信に関する一検討, ” 電子情報通信学会2016総合大会, B-5-152, 九州大学, 福岡市, (2016. 3)
  34. 田邉将吾, 石橋功至, ” QR分解を用いた確率伝播法に基づく MIMO復調法のガウス近似対数尤度比に関する一検討 ”  電子情報通信学会2016総合大会, B-5-182, 九州大学, 福岡市, (2016. 3)
  35. 尾形駿, 石橋功至, “符号化ALOHAに基づく路車間通信に関する一検討,” 信学技報, vol. 115, no. 411, SR2015-81, pp. 63-68, 長崎市, (2016.1)
  36. 川畑大樹,石橋功至,ヴッパラ サティアナラヤナ,アブレウ ジュゼッペ,”大規模ネットワークにおけるチャネル分布情報を用いたエナジーハーベスティング中継端末選択法のアウテージ確率解析,” 信学技報, vol. 115, no. 411, SR2015-84, pp. 81-86, 長崎市, (2016.1)
  37. 石橋功至,”グラフに基づいた無線通信:基礎と応用,” 信学技報, vol. 115, no. 396, RCS2015-306, pp. 155-160, 大阪府, (2016.1) [依頼講演]
  38. 尾形駿, 石橋功至, アブレウジュゼッペ, “複数ベースステーション存在下におけるフレームレスALOHAのためのパケット復号確率解析法に関する一検討,” 第38回情報理論とその応用シンポジウム, pp.113-118, (2015.11)
  39. 川畑大樹,石橋功至,ヴッパラ サティアナラヤナ,アブレウ ジュゼッペ, “チャネル分布情報を用いたエナジーハーベスティング中継端末選択手法の設計と解析,” 第38回情報理論とその応用シンポジウム, pp.191-196, (2015.11)
  40. 川畑大樹,  石橋功至, “Outdated CSI環境下におけるバッファを用いた エナジーハーベスティング中継端末選択法に関する一検討,” 電子情報通信学会2015 ソサイエティ大会, B-5-105 (2015.9)
  41. 尾形駿, 石橋功至, アブレウジュゼッペ, “バッファを考慮したフレームレス ALOHA のターゲット重み最適化,” 電子情報通信学会2015ソサイエティ大会, B-5-106 (2015.9)
  42. 尾形 駿, 石橋功至, アブレウ ジュゼッペ, “複数ベースステーション存在下におけるフレームレスALOHAのターゲット重み最適化, ” 信学技報, vol. 115, no. 160, RCS2015-100, pp. 1-6, 長野市, (2015.7) [電子情報通信学会無線通信システム研究活動奨励賞]
  43. K. Ishibashi, “Coding over Nodes: A Way Towards Ergodic Capacity,” Malaysia-Japan Workshop on Radio Technology (MJWRT 2015), UTM Kuala Lumpur, (2015.6)
  44. 川畑大樹,ヴッパラ サティアナラヤナ,アブレウ ジュゼッペ,石橋功至,”チャネル分布情報を用いたエナジーハーベスティング中継端末選択法の解析, ” 信学技報, vol. 115, no. 62, SR2015-14, pp. 87-92, 明石市, (2015.5)
  45. 川畑大樹, G. Abreu, S. Vuppala, 石橋功至, “チャネル分布情報を用いたエナジーハーベスティング中継端末の選択法に関する一検討,” 電子情報通信学会2015総合大会B-5-138, 立命館大学, (2015.3)
  46. 尾形駿, G. Abreu, 石橋功至, “Frameless ALOHAにおけるターゲット重みの最適化,” 電子情報通信学会2015総合大会B-5-169, 立命館大学, (2015.3)
  47. 武石直樹, 石橋功至, G. Abreu, “分散多次元空間結合Repeat-Accumulate符号,”信学技報, vol. 114, no. 490, RCS2014-313, pp. 71-76, 東京工業大学, (2015.3)
  48. 尾形駿, G. Abreu, 石橋功至, “Frameless ALOHAにおけるターゲット重み分布の密度発展法を用いた最適化,”信学技報, vol. 114, no. 490, RCS2014-314, pp. 77-82, 東京工業大学, (2015.3)
  49. 廣瀬圭亮, 石橋功至, 山尾 泰, 平山泰弘, 澤田 学, “V2M通信システムにおける高速ハンドオーバ法の効果”, 信学技報, vol. 114, no. 372, RCS2014-221, pp. 7-12, (2014.12)
  50. 石橋功至, “Spinal符号の実装と評価,” 第3回誤り訂正符号のワークショップ, 千葉県館山市, (2014.9) (特別講演)
  51. 石橋功至, “動的ハーベスト・転送協調伝送,” 電子情報通信学会2014ソサイエティ大会B-5-22, 徳島大学, (2014.9)
  52. 武石直樹,石橋功至, “Repeat-Accumulate符号を用いた空間結合符号化協調に関する一検討,” 電子情報通信学会2014ソサイエティ大会B-5-81, 徳島大学, (2014.9)
  53. 武石直樹, 石橋功至, “重畳型適応ネットワーク符号化協調のための効率的繰り返し復調復号法,” 信学技報, vol. 114, no. 164, RCS2014-102, pp. 75-80, 京都テルサ, (2014.7) [電子情報通信学会無線通信システム研究活動奨励賞]
  54. 川畑大樹,石橋功至, “フィードバックを用いたRFエナジーハーべスティング協調伝送,”信学技報, vol. 114, no. 164, RCS2014-118, pp. 157-162, 京都テルサ, (2014.7)
  55. 尾形駿,石橋功至,” ビットインターリーブを用いたSpinal符号に関する一検討,”信学技報, vol. 114, no. 164, RCS2014-127, pp. 203-208, 京都テルサ, (2014.7)
  56. 廣瀬圭亮, 石橋功至, 山尾 泰, 平山泰弘, 澤田 学, “ZigBeeを用いた車両を含むM2Mネットワークの構築法”, 信学技報, vol. 114, no. 86, RCS2014-33, pp. 7-12, 沖縄県青年会館, (2014.6)
  57. 石橋功至, 杉浦慎哉, “帯域制限通信路における空間変調に関する一検討,” 信学信学技報, vol. 114, no. 26, WBS2014-1, pp. 1-6, 名工大, (2014.5)
  58. 川畑大樹,石橋功至, “RFエナジーハーベスティングを用いたAmplify-and-Forward協調ダイバーシティの特性解析,” 信学技報, vol. 113, no. 483, IT2013-82, pp. 175-180, 名古屋大学, (2014.3)
  59. 尾形駿,石橋功至,”Dual-Spinal符号を用いた動的協調ダイバーシティに関する研究,” 信学技報, vol. 113, no. 483, IT2013-83, pp. 181-186, 名古屋大学, (2014.3)
  60. 山崎景太, 西田昇平, 石橋功至, 猿渡俊介, 渡辺 尚, “ブロードキャスト通信路容量を達成するための無線通信方式の実装について,” 情報処理学会研究報告, モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会, MBL-70-1, 慶応義塾大学日吉キャンパス, (2014.3)
  61. 西田昇平, 山崎景太, 石橋功至, 猿渡俊介, 渡辺 尚, “Spinal符号を用いた重畳符号化伝送の基礎検討,”電子情報通信学会総合大会, 新潟大学, (2014.3)
  62. 山崎景太, 西田昇平, 石橋功至, 猿渡俊介, 渡辺 尚, “ソフトウェア無線実験装置Radio EnsemblerによるSpinal符号の実装について,” 電子情報通信学会総合大会, 新潟大学, (2014.3)
  63. 西田昇平, 山崎景太, 石橋功至, 猿渡俊介, 渡辺 尚, “Spinal符号を用いた重畳符号化伝送による無線通信の効率化について,” 情報処理学会 第76回全国大会, 東京電機大学, (2014.3)
  64. 山崎景太, 石橋功至, 猿渡俊介, 渡辺 尚, “UHDを用いたソフトウェア無線OFDMの実装について,” 情報処理学会 第76回全国大会, Mar. 2014.
  65. 高井真人,石橋功至,和田忠浩,”セミブラインド干渉アラインメントにおける電力制約に関する一検討,” 電子情報通信学会2014総合大会, 新潟大学, (2014.3)
  66. 大上裕也, 北村優行, 稲毛 契, 石橋功至, 藤井威生, “高度電波環境データベース連携型重みづけ協調センシングの実験的評価,” 信学技報, vol. 113, no. 400, SR2013-77, pp. 13-18, 東北大学, (2014.1)
  67. 松澤祐貴, 山尾 泰, 大竹健太, 石橋功至, “統合ダイナミックマルチホップパケット通信(IDMH)のシャドウィング環境での伝送特性,” 信学技報, vol. 113, no. 361, RCS2013-229, pp. 137-142, 高松市文化芸術ホール, (2013.12)
  68. 高井真人, 石橋功至, 和田忠浩, “クリッピングを用いたセミブラインド干渉アラインメントの特性に関する一検討,” 信学技報, vol. 113, no. 361, RCS2013-252, pp. 267-272, 高松市文化芸術ホール, (2013.12)
  69. 高井真人, 石橋功至, 和田忠浩, “多ユーザーセミブラインド干渉アラインメントに関する一検討,” 信学技報, vol. 113, no.246, RCS2013-148, pp.37-42, 上智大学, (2013.10)
  70. 高井真人, 石橋功至, ウォンヨンシン, ヒョソクイ, 和田忠浩, “有相関チャネルにおけるセミブラインド干渉アラインメントの送信信号構成法に関する一検討,” 電気関係学会東海支部連合大会, 静岡大学, (2013.9)
  71. 林 会発, 石橋功至, 藤井威生, “無線センサネットワークのための多層型適応ネットワーク符号化協調の設計,” 信学技報, vol. 113, no. 130, RCS2013-120, pp. 229-234, 浜松アクトシティ, (2013.7)
  72. 武石直樹, 石橋功至, 山尾 泰, “重畳型適応ネットワーク符号化協調に適した修正LDGM符号の提案,” 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-40, pp. 19-24, 北海道大学, (2013.6)
  73. 武石直樹, 石橋功至, 山尾 泰, “多値変調を用いた重畳型適応ネットワーク符号化協調,”電子情報通信学会2013総合大会, vol. B-5-99, pp. 509, 岐阜大学, (2013.3)
  74. 高井真人, 石橋功至, ウォンヨン シン, ヒョソク イ, 和田忠浩, “大容量で高速な無線通信を実現するセミブラインド干渉アラインメント伝送に関する研究,” ワイヤレステクノロジーパーク, 東京ビッグサイト, (2013.5)
  75. 高井真人, 石橋功至, ウォンヨン シン, ヒョソク イ, 和田忠浩, “セミブラインド干渉アラインメントにおけるチャネル推定誤差の影響に関する一検討,” 電子情報通信学会2013総合大会, vol. B-5-99, pp. 509, 岐阜大学, (2013.3)
  76. 高井真人, 石橋功至, ウォンヨン シン, ヒョソク イ, 和田忠浩, “OFDMを利用したセミブラインド干渉アラインメントの実現性に関する一検討,” 信学技報, Vol. 112, no. 264, pp.7-12, 京都大学, (2012.10)
  77. 石橋功至, ウォンヨン シン, 落合秀樹, バヒッド タローク, “Star-QAMを用いた省電力協調ダイバーシティ, “信学技報, vol. 112, no. 147, WBS2012-12, pp. 13-18,  名古屋大学 (2012.7)
  78. 高井真人, 石橋功至, ウォンヨン シン, 横山明久, 和田忠浩, “通信路の周波数選択性を用いたセミブラインド干渉アラインメントに関する一検討, “信学技報, vol. 112, no. 147, WBS2012-23, pp. 73-78, 名古屋大学 (2012.7)
  79. 小松原慶祐,椋本介士,和田忠浩,石橋功至,” 流星バースト通信に適した判定帰還型逐次キャリア同期法の提案,“ 信学技報,RCS2011-234, pp.11-16, 山口大学 (2011.12)
  80. 堀部智史,石橋功至, 和田忠浩,椋本介士,”GNU Radio/USRP2 を用いたネットワーク誤り訂正符号の実装に関する一検討,” 信学技報, RCS2011-71, pp.209-214, 琉球大学 (2011.6) [無線通信システム研究会「初めての研究会」優秀発表賞]
  81. 永田伸介, 椋本介士, 和田忠浩, 石橋功至, “流星バースト通信のための判定帰還型同期復調法に関する一検討, ” 信学技報, RCS2011-107, pp.193-198 , 旭川市市民会館(2011.7)
  82. 小林俊貴, 石橋功至, 和田忠浩, “仲上-ライスフェーディング環境下における協力マルチホップ伝送の通信性能に関する一検討,” 信学技報, RCS2011-96, pp.129-134, 旭川市市民会館(2011.7)
  83. 波多野祐, 和田忠浩, 石橋功至, “無線マルチホップ伝送における中継方式の適応選択に関する一検討, ” 信学技報, RCS2011-95, pp.123-127, 旭川市市民会館, (2011.7)
  84. 堀部智史,石橋功至, 和田忠浩,椋本介士,”GNU Radio/USRP2 を用いたネットワーク誤り訂正符号の実装に関する一検討,”電子情報通信学会2011総合大会, B-5-51, 東京, (2011.3)
  85. 小林俊貴, 石橋功至, 和田忠浩, “仲上-ライスフェーディング環境下における不均一分布ネットワーク協力マルチホップ伝送のアウテージ確率に関する一検討,”電子情報通信学会2011総合大会, B-5-149, 東京, (2011.3)
  86. 波多野祐, 和田忠浩, 石橋功至, “無線マルチホップ伝送における中継方式の適応選択に関する一検討,” 電子情報通信学会2011総合大会, B-5-151, 東京, (2011.3)
  87. 小林俊貴, 石橋功至, 和田忠浩, “仲上-ライスフェーディング環境下における協力マルチホップ伝送のアウテージ確率に関する一検討, ” 第33回情報理論とその応用学会(SITA2010), 長野県長野市 信州松代ロイヤルホテル,(2010.12)
  88. 石井光治, 石橋功至, 落合秀樹, “ネットワーク-チャネル符号を用いた協力通信”,第33回情報理論とその応用学会(SITA2010), 長野県長野市 信州松代ロイヤルホテル,(2010.12)
  89. 波多野祐, 和田忠浩, 石橋功至, “マルチホップ伝送のためのRC-LDPC符号を用いたHybrid-ARQ方式の性能改善に関する一検討, “ 信学技報, NS2010-113, RCS2010-167, pp.49-54, 岡山大学, (2010.12)
  90. 石井光治, 石橋功至, 落合秀樹, “Twin Turbo型Nested符号を用いた協力通信”、電子情報通信学会ソサイエティ大会、BS-2-4, 大阪市、(2010.9)
  91. 小林俊貴, 石橋功至, 和田忠浩, “不均一分布ネットワークにおける協力マルチホップ伝送のアウテージ確率に関する一検討, ” 信学技報, RCS2010-67, pp.113-118, 網走市民会館, (2010.7)
  92. 波多野祐, 和田忠浩, 石橋功至, “パケット合成によるビット単位尤度更新に基づくHybrid-ARQ方式の提案と特性評価, ” 信学技報, RCS2011-64, pp.95-99, 網走市民会館, (2010.7)
  93. 永田伸介, 椋本介士, 和田忠浩, 石橋功至, “Go-Back-i-symbol ARQ方式の流星バースト通信への適応に関する検討, ” 信学技報, RCS2010-63, pp.89-94, 網走市民会館, (2010.7)
  94. 石橋功至, 落合秀樹, “Amplify-and-Forward型協力リレー信号の瞬時電力分布に関する一検討, ” 信学技報, RCS2010-68, pp.119-123, 網走市民会館, (2010.7)
  95. 石橋功至, 落合秀樹, “ピーク電力制限下におけるAmplify-and-Forward型協力通信の特性に関する一検討, ” 信学技報, RCS2010-46, pp.167-172, 京都大学, (2010.6)
  96. C. Cheng, K. Ishibashi and T. Wada, “Coded Cooperation using Non-binary Modulation,” 信学技報, RCS2009-298, pp.233-238, 横須賀リサーチパーク (YRP), (2010.3)
  97. 石井光治, 石橋功至, 落合秀樹, “マルチレベル符号化協力ダイバーシティの実装とその評価,” 信学技報, RCS2009-301, pp.251-256, 横須賀リサーチパーク (YRP), (2010.3) [電子情報通信学会無線通信システム研究活動奨励賞]
  98. C. Cheng, K. Ishibashi and T. Wada, “A Study of Coded Cooperation using TPSK,” 電子情報通信学会2010総合大会, B-8-22, 東北大学, 仙台, (2010.3)
  99. 永田伸介, 椋本介士, 和田忠浩, 石橋功至 “流星バースト通信のためのGo-Back-i-Symbol ARQ方式の性能比較,” 電子情報通信学会2010総合大会, B-5-184, 東北大学, 仙台, (2010.3)
  100. N. Naoki, K. Ishibashi, T. Wada, “Theoretical Analysis of Collaborative Multi-Hop Transmission over Block Rayleigh Fading Channels,” 信学技報, IT2009-60, pp.47-52, ハワイ大学, (2010.1)
  101. 西村直記, 石橋功至, 和田忠浩, “ブロックレイリーフェーディング環境下における協力マルチホップ伝送に関する一検討,” 第32回情報理論とその応用学会シンポジウム (SITA 2009), 湯田温泉, 山口,(2009.12) [情報理論とその応用学会(SITA)奨励賞]
  102. 永田伸介, 椋本介士, 和田忠浩, 石橋功至, “流星バースト通信に適したGo-Back-i-symbol ARQ方式の提案,” 第32回情報理論とその応用学会シンポジウム (SITA 2009), 湯田温泉, 山口, (2009.12)
  103. 石橋功至, 石井光治, 落合秀樹, ”マルチプルターボ符号を用いた適応符号化協力通信,” 信学技報, RCS2009-99, pp.127-132, 東北大学, (2009.8)
  104. 橋本貴之, 石橋功至, 和田忠浩, ”マルチホップ伝送のための再送制御における適応中継に関する一検討,” 信学技報, RCS2009-57, pp.23-28, 北海道大学, (2009.7)
  105. 牧原彩, 和田忠浩, 石橋功至, ”他局間干渉を考慮したCDMAに基づくMACプロトコルに関する一検討,” 信学技報, WBS2008-8, pp.7-12, 北海道大学, (2009.7)
  106. 石橋功至, 石井光治, 落合秀樹, “低速無線センサネットワークのための適応協力ダイバーシティ技術,” 信学技報, RCS2008-218, pp.37-42, 横須賀リサーチパーク (YRP), (2009.3)
  107. 石橋功至, 石井光治, 落合秀樹, “巡回遅延ダイバーシティの解析と設計,” 信学技報, RCS2008-254, pp.249-257, 横須賀リサーチパーク (YRP), (2009.3) [電子情報通信学会無線通信システム研究活動奨励賞]
  108. 石井光治, 石橋功至, 落合秀樹, “マルチレベル符号化協力通信におけるレート設計,” 信学技報, RCS2008-239, pp.161-166, 横須賀リサーチパーク (YRP), (2009.3)
  109. 西村直記, 石橋功至, 和田忠浩, “ブロックレイリーフェーディング環境における協力マルチホップ伝送のエンドツーエンドフレーム誤り率の理論解析,” 信学技報, RCS2008-259, pp.277-282, 横須賀リサーチパーク (YRP), (2009.3)
  110. 撰広嗣, 丹所啓太, 石井光治, 石橋功至, 落合秀樹, 和田忠浩, 生越重章, “協力無線センサネットワークの実現に向けた実験的検証,” 信学技報, RCS2008-261, pp.289-294, 横須賀リサーチパーク (YRP), (2009.3)
  111. 橋本貴之, 脇山徹也, 和田忠浩, 石橋功至, “マルチホップ伝送のためのRC-LDPC符号を利用した再送制御方式に関する一検討,” 信学技報, RCS2008-129, pp.159-165, 沖縄産業支援センター, (2008.10)
  112. 石橋功至, 石井光治, 落合秀樹, “Bit-interleaved Coded DPSK with Cyclic Delay Diversity: Design and Analysis,” 第31回情報理論とその応用学会シンポジウム (SITA 2008), 鬼怒川, 栃木, (2008.10)
  113. 西村直記, 石橋功至, 和田忠浩, “協力通信を用いたマルチホップ伝送における再送制御方式に関する一検討,” 第31回情報理論とその応用学会シンポジウム (SITA 2008), 鬼怒川, 栃木, (2008.10)
  114. 脇山徹也, 橋本貴之, 石橋功至, 和田忠浩, “LDPC符号を用いたマルチホップ伝送のための再送制御方式の一提案,” 第31回情報理論とその応用学会シンポジウム (SITA 2008), 鬼怒川, 栃木, (2008.10)
  115. 石井光治, 石橋功至, 落合秀樹, “マルチレベル符号化協調ダイバーシティ,” 第31回情報理論とその応用学会シンポジウム (SITA 2008), 鬼怒川, 栃木, (2008.10)
  116. 西村直記, 石橋功至, 和田忠浩, “協力通信を用いたマルチホップ伝送のフレーム誤り率特性に関する一検討, ”電子情報通信学会ソサイエティ大会 2008, B-5-111, 神奈川, (2008.9)
  117. 中尾優太, 石橋功至, 河野隆二, “巡回遅延ダイバーシティ伝送におけるBit-Interleaved Coded DPSKを用いた協調通信に関する一検討,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会 2008, B-5-2, 神奈川, (2008.9)
  118. 石橋功至, “Coding Design for Wireless Distributed Networks,“ 第4回無線分散ネットワークに関するワークショップ, 名古屋大, (2008.6)
  119. 石橋功至, “次世代無線ネットワーク技術とその可能性,” 産学研究・開発成果発表交流会, アクトシティコングレスホール, 浜松, (2008.6)
  120. 春田祐吾, 石橋功至, 和田忠浩, “LDPC符号を用いたデータ集約型ネットワークに関する一考察,” 信学技報, vol. 107, no. 516, AN2007-66, pp. 13-18, (2008.3)
  121. 橋本貴之, 脇山徹也, 和田忠浩, 石橋功至, “LDPC符号を用いたマルチホップ伝送向き再送制御方式のスループット特性に関する一検討,” 信学技報, vol. 107, no. 516, AN2007-64, pp. 1-6, (2008.3)
  122. 中尾優太,石橋功至,福士沙織,河野隆二,宮崎功旭,鈴木利則,“MIMO-OFDM伝送における簡易な伝播路推定法に関する一検討,”電子情報通信学会2008総合大会, B-5-72, 九州, (2008.3)
  123. 石橋功至, 落合秀樹, 石井光治, 河野隆二, “エナジー検波を用いたPPM-UWBの符号化に関する一検討”, 信学技報, RCS2007-123, pp.67-71, 湯布郷館, (2007.12)
  124. 渡辺幸太朗, 石橋功至, 河野隆二, “コグニティブ無線ネットワークにおける隠れ端末問題と通信接続性に関する一検討, ” 第30回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2007), pp. 525-529, 賢島, 三重, (2007.11)
  125. 袖山圭祐,石橋功至,河野隆二,“2状態マルコフ衝突モデルを用いたLDC-UWBシステムの広帯域OFDMシステムへの干渉低減効果,”第30回情報理論とその応用学会シンポジウム (SITA 2007), pp. 45-50 , 賢島, 三重, (2007.11)
  126. 福士沙織, 石橋功至, 河野隆二, “畳み込み符号を適用した差動符号化 THP-MIMO システムに関する一検討, ,”第30回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2007), pp379-382, 賢島, 三重,(2007.11)
  127. 石橋功至, 落合秀樹, 石井光治, 河野隆二, “巡回遅延ダイバーシティを用いた符号化DAPSK変調の受信器構成に関する一検討”, 電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-5-10, 鳥取大, (2007.9)
  128. 渡辺幸太朗, 石橋功至, 河野隆二, “ダイナミックスペクトラムアクセスにおける隠れ端末問題に関する一検討, ”電子情報通信学会ソサイエティ大会 2007, B-17-25, pp. 204, 鳥取,(2007.9)
  129. 袖山圭祐,石橋功至,河野隆二,“LDCを用いたUWB無線の広帯域OFDMシステムへの与干渉評価”, 電子情報通信学会ソサイエティ大会 2007, A-5-11 pp. 130, 鳥取,(2007.9)
  130. 福士沙織,石橋功至,河野隆二,“Tomlinson-Harashima Precodingを用いた差動符号化MIMOシステムの時変動レイリーフェーディング環境下における特性解析,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会2007,BS-4-2,pp. S38-S39,鳥取,(2007.9)
  131. 渡辺幸太朗, 石橋功至, 河野隆二, “複数システム共存環境におけるコグニティブ無線システムの通信機会向上手法に関する一検討,” 電子情報通信学会総合大会, B-7-201, 名城大学 (2007.3)
  132. 袖山圭祐, 石橋功至, 河野隆二, “Low Duty-Cycleを用いたUWB通信方式による狭帯域システムへの影響評価,” 電子情報通信学会総合大会, B-7-108, 名城大学 (2007.3)
  133. 渡辺幸太朗,石橋功至,河野隆二, “ダイナミックスペクトラムアクセスにおける新たな隠れ端末問題とその影響” 信学技報, vol. 106, no. 557, SR2006-87, pp. 43-48, (2007.3)
  134. 三谷航一, 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, “MSKを用いた分散遅延ダイバーシティの同期誤差の影響に関する検討”, 信学技報, WBS2006-44, pp.1-6, 横須賀リサーチパーク(YRP), (2007.3)
  135. 龍浪寛, 石橋功至, 落合秀樹, “遅延検波を用いたMAP復号のメトリック計算に関する一検討”, 信学技報, WBS2006-36, pp.7-12, 東京, (2006.12)
  136. 渡辺幸太朗, 石橋功至, 河野隆二, “広帯域無線通信システムが具備する干渉軽減機構の有効性に関する評価,” 第29回情報理論とその応用シンポジウム, pp. 37-40, 函館, (2006.11)
  137. 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, “巡回遅延ダイバーシティを用いた符号化DAPSK変調の性能解析”, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp. 783-786, 函館, (2006.11)
  138. 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, ” 巡回遅延ダイバーシティを用いた符号化DAPSK変調に関する一検討,” 信学技報, vol. 106, no. 305, RCS2006-148, pp. 91-94, (2006.10)
  139. 谷口健太郎, 石橋功至, 河野隆二, “UWB型センサネットワークにおけるセンサ指向性を考慮した位置検出法,” 信学技報, vol. 106, no. 305, RCS2006-145, pp. 73-78, (2006.10)
  140. 渡辺幸太朗, 石橋功至, 河野隆二, “広帯域システムと狭帯域システム共存下における周波数利用効率の解析に関する一検討,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-17-8, pp. 518, (2006.9)
  141. 福士沙織, 石橋功至, 原田浩樹, 河野隆二, “IEEE802.15.4をベースにした医療用生体情報モニタリングのための低遅延、低消費電力型MACプロトコルに関する一検討,” 信学技報 SN2006-30, pp.81-86, (2006.5)
  142. 渡辺幸太朗, 遠藤麻理絵, 石橋功至, 河野隆二, “Ultra Widebandシステムと第4世代移動体通信システム共存のための干渉回避技術に関する一検討,” 信学技報, vol. 106, no. 27, SR2006-8, pp. 37-40, (2006.4)
  143. 久世直樹,松田 慧,原田浩樹,石橋功至,河野隆二,“生体の温度上昇評価による体内無線通信方式の検討,” 信学技報 RCS2006-3, pp301-305, (2006.3)
  144. 久世直樹,松田 慧,原田浩樹,石橋功至,河野隆二,“生体内の温度上昇を考慮した通信方式の評価法に関する一検討,” 電子情報通信学会総合大会, 国士舘大学, 東京, (2006.3)
  145. 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, “低速リアルタイム通信におけるヌルを利用した符号化方式に関する一検討”, 第28回情報理論とその応用シンポジウム (SITA2005), pp. 255-258, 沖縄, (2005.11)
  146. 三谷航一, 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, “Space-time block coding with node erasure robustness for wireless sensor network”, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp. 251-254, 沖縄, (2005.11)
  147. 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, “Bluetoothに基づいた低速リアルタイム通信に関する一検討”, 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-161, 北海道大学,(2005.9)
  148. 正川貴大, 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, “クリッピングを適用したOFDM変調方式に適したReed-Solomon符号の設計”, 信学技報, RCS2005-54, pp. 85-90, 岡山大, (2005.7)
  149. 三谷航一, 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, “センサネットワークにおけるノード消失に耐性のある時空間符号化方式”, 信学技報, RCS2005-55, pp. 91-95, 岡山大, (2005.7)
  150. 石橋功至, 落合秀樹, 河野隆二, ”畳み込み符号を用いた BICM 符号化 DAPSK 方式の情報理論的解析”, 電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-6-7, pp.120, 徳島大学, (2004.9)
  151. 石橋功至, 落合秀樹, 藤野忠, “準静的レイリーフェーディング下における BICM 符号化 DAPSK の通信路容量に対する理論解析”, 第25回情報理論とその応用シンポジウム (SITA2002), pp. 735-738, 群馬, (2002.12)
  152. 石橋功至, 落合秀樹, 藤野忠, “ビットインターリーブを伴った符号化DAPSKの通信路容量に関する一検討”, 信学技報, IT2002-17, pp.37-42, (2002.7)

Intellectual Properties


  1. JP Patent 特開2017-139712:通信装置
  2. JP Patent 特開2017-33078:通信システムおよび情報提供装置
  3. JP Patent 特開2015-233195:無線通信装置、データ送信方法、及びプログラム