Presented at IEICE RCS @Hiroshima CYC

本研究室の大比良くん、原くんが広島市青少年センターにて開催されたIEICE RCS研究会にて発表を行いました。

大比良くんの発表は奨励講演で、発表題目は「離散値ベクトル再構成のための高速反復縮退アルゴリズムを用いた一括圧縮サブキャリアIQインデックス変調」でした。[詳細]

原くんの発表題目は「アップリンクグラントフリー非直交多元接続のためのキャリア周波数オフセット存在下におけるアクティブユーザ検出に関する一検討」でした。[詳細]

Our members, Kazuya and Takanori, gave a presentation at IEICE RCS Conference held at Hiroshima City Youth Center, Hiroshima, Japan.

The presentation given by Kazuya, which was an encouragement talk, was titled “Aggregate-Compression-Aided Subcarrier IQ Index Modulation With Discreteness-Aware Fast Iterative Shrinkage-Thresholding Algorithm.” [more]

The presentation given by Takanori was titled “Active User Detection for Uplink Grant-Free Non-Orthogonal Multiple Access in The Presence of Carrier Frequency Offsets.”[more]