PRESENTED AT IEICE RCS @ Miyakojima

本研究室の原くん、岡部くん、廣澤くんが宮古島にて開催されたIEICE RCS研究会にて発表を行いました。
令和初年度の「初めての研究会」では過去最多の52件の講演があり、10分の口頭発表および80分のポスター発表により審査が行われました。
また、その他に12件の一般・招待講演が行われました。

原くんは一般公演、岡部くんと廣澤くんは「初めての研究会」での発表でした。

Our members, Takanori, Ryo, and Naoya, have presented their recent results in IEICE RCS conference held at Miyakojima, Okinawa.
There were 52 presentations given by beginners at “Special Sessions for Beginners”, in both 10 mins oral presentation and 80 mins poster session.
In addition, 12 general and invited sessions were made.

Takanori presented at a general session, while Ryo and Naoya presented  at “Special Sessions for Beginners”.

発表題目:ベクトル近似メッセージ伝播法を用いたグラントフリー多元接続のための伝播路推定および信号検出法
Title: Channel Estimation and Data Detection for Grant-Free Multiple Access Using Vector Approximate Message Passing

スクリーンショット 2019-07-01 16.53.23.png

 

発表題目:確率的電力制御を用いた非正則繰り返しスロット化ALOHAのエネルギー効率を考慮した設計に関する一検討
Title: A Study on Energy-Efficient Design of Irregular Repetition Slotted ALOHA with Stochastic Power Control

okabe.png

発表題目:環境発電を用いた2ユーザ多元接続通信路に対する情報鮮度最小化に関する一検討
Title: A Study on Age-of-Information Minimization in Two-User Multiple Access Channel with Energy Harvesting

hirosawa.png